coming love

古くから親しまれている占い|九星気学の特徴をリサーチ

オーラを読み解こう

オーラは加法混色

水晶

人生を生きる上で、オーラの色についての知識を得ることには大きなメリットがあります。あらゆる生命体が持つエネルギー「オーラ」、それは何をする上でも大きな道標になります。特に人間のそれを把握することは、社会的な生活を営む上でかけがえのない力になることでしょう。基礎知識として、オーラを読み解く上でもっとも重要なのはその色彩です。最近人気を集めたSFアニメで「人間の精神状態をカラーで表現・診断する」といった描写が行われていましたが、現実のオーラの色もそれと似ています。ただし単純化されたSFの表現とは異なり、オーラの色の表現している精神のあり方はもっと精緻で奥深いものです。安易に善し・悪しに区別できるものではなく、まして直接的な行動に直結できるものでもありません。とはいえ、オーラの専門家ではないアマチュアでも、簡易な診断は可能なのです。オーラの色に対する基礎的な知識は、決して持っていて損をするものではありません。まず基本的に、オーラの色は「混ざりやすい」ということを覚えておくといいでしょう。オーラは光のように見えますが、実は加法混色の性質を持っているのです。つまり、多くのオーラを持っているほど黒に近づいていくということです。オーラの色を読み解こうとする時、人はまずぱっと見の色にとらわれてしまいがちです。けれども、それではいけません、オーラを構成する「原色」を見極めることが重要であるといえます。

九星を知って開運

カップル

九星気学は生まれた年の九星から運勢を知ることが出来る占術方法です。本命星となる九星には一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星があります。毎年順番に本命星が変わりますが、節分までに生まれた人には前の年の本命星になりますので注意が必要です。自分の本命星を知ることで生まれついての適職や性格を知ることが出来るので大変便利です。また、九星気学から人間関係の相性を知ることも出来ます。例えば、九星の中で数の多い土星生まれの人(二黒土星・五黄土星・八白土星と本命星のうち三つは土星です)は、金星生まれや火星生まれと相性が良く、水星生まれや木星生まれの人とは相性が悪いとされています。同じ性質の星同士は似た性質の持ち主ということになります。このように星による相性が分かるのは、九星気学が五行の考えに基づいた占い方法だからです。基本的に自分の本命星から見て同じ性質の星同士は相性のプラスマイナスはなく、いわゆる相生の関係にある星は相性が良く、相克と呼ばれる関係の星は相性が悪い星ということになります。その他の星の相性としては、水星(一白水星)から見ると木星・金星が相性が良く、土星と火星は相性が悪い星です。木星(三碧木星・四緑木星)から見ると水星・火星が相性の良い星となり、土星と金星は相性の悪い星となります。金星(六白金星・七赤金星)から見ると土星と水星が相性の良い星で、木星と火星が相性の悪い星です。火星(九紫火星)から見ると土星と木星が相性の良い星であり、水星と金星は相性の悪い星になります。九星気学は、より良い人間関係を築く為の参考になる占い方法であると言えます。

相手の気持ちを知るには

占い

交際経験が少ない女性は、男性心理を理解するのは難しいものです。相手に対して良かれと思ってしたことが的外れになることもあります。そのため恋愛も思うように進展しないことも多いのです。男性心理を知るには、本やインターネットで調べてみるのも良いでしょう。これで一般的な男性心理を知ることができます。しかし片思いや交際中の男性心理を深く知るにはスピリチュアル相談や占いなどが役にたちます。スピリチュアル相談ではオーラや霊感、透視など目に見えない能力を使って霊能者が相手の気持ちを調べてくれます。また占いでは占星術や四柱推命、風水、易など様々な方法で男性心理を占ってくれます。さらに相手との接し方や相性、未来なども知ることができます。どのようなことを男性が好むかということを知ることで交際にも余裕が生まれます。相手の気持ちがわからず不安になることも少なくなります。また相性が悪くてもそれを変える方法などをレクチャーしてくれることもあります。たとえば風水で部屋の模様替えをしたり、オーラヒーリングでオーラの色を変えたり強くすることも効果があります。占い師に直接相談するのが恥ずかしいという人も中にはいます。その場合は電話占いがおすすめです。これは全国の人気占い師やスピリチュアルカウンセラーと顔を合わせず相談することができます。電話占いはメールなどで予約をすれば好きな時に相談することができます。料金は通話料無料で1分単位となっています。