coming love

古くから親しまれている占い|九星気学の特徴をリサーチ

東洋占星術のいろは

九星に分類する占い

占い

占いにもいろいろな方法がありますが、日本で古くから伝わっていて身近な存在となっている占い方法に、九星気学があります。その歴史としては日本には552年に伝わったとされており、江戸時代には家相などの方位術として利用され、大正時代には一般的に広く流行することとなりました。そんな九星気学は昔はもちろん今でも神社暦として採用されており、一般的な暦にも九星気学による運勢が記されています。また似たような占いに誕生日から占う四柱推命という占いもありますが、それと比較すると九星気学は生まれた年である干支のみで占うことが可能なため、よりお手軽な占い方法と呼べます。その詳細としては、基本的に生年の干支からそれぞれ九つのパターンである九星に分類することで本命星を知り、それをもとに占う形式となっているため、予備知識のないまったくの初心者や素人などでも簡単に占うことが可能です。ちなみに九星の種類としては、一白水星や二黒土星、三碧および四緑木星に五黄土星、六白水星に七赤金星、八白土星と九紫火星の九つのパターンとなっています。この九星の本命星から全体的な運勢はもちろん、方位の吉凶や性格や相性といったものまで占うことが可能であり、干支だけで占うという手軽さから、暦として使用されているだけでなく、雑誌や新聞などの占いや、最近ではインターネット占いなどでも使用されているケースもあります。もっともそんな簡単かつ手軽な九星気学ですが、一つ知っておきたいこととして、年が変更するのは1月1日ではなく節分である立春の日という設定なので注意しましょう。

一番大切なこととは

空

片思いをしたとき、女性が一番に気になることといえば、それは相手である男性の気持ちです。相手がどのような人を好ましいと思い、どのような人と付き合いたいと思っているかを的確に知ることが出来たら、片思いは実りやすくなると言えます。さらに男性心理を知っているだけで、何気なく会って会話をしているときや、メールや電話で連絡をとっているときに脈があるのか、ないのかが分かってしまうので、実はきちんと知っておくことはメリットだらけなのです。そのメリットの効果を十分に知っている女性のなかには、本人に聞かなければ男性心理など正確に分かるわけがないと考える方もいます。それは正解で、ですからそんなときのために占いというものがあるのです。占いで男性心理を導くことが良い理由として、なんといってもひとりひとり違った人間を占えるということにあります。単なる一般論で男性心理を知ろうとするのではなく、あなたが片思いをしている男性限定の心理を知ることができるので、恋愛成就の成功率を上げることができます。さらに男性心理を熟知しておくメリットとして、片思いの最中でも冷静でいれられる、という点が挙げられます。相手の男性の言動に振り回されていると、疲れや苦労が顔や雰囲気に出てしまいます。そうなると恋愛成就のために、恋愛によって幸せオーラをまとっているかどうかという、最低限必要となる要素がなくなってしまい、幸せが遠ざかってしまいます。

都合で選べる鑑定スタイル

ハート

色々な方法でトライ出来るのが、最近の霊感占いです。当たると評判を得る占い師から、電話やメール、FAXなどを通じて鑑定を受けられるようになっており、自分の都合に合わせて利用出来るのが、近ごろの霊感占いのメリットです。全国の占い師が登録するホームページを利用すると、地域を問わず様々な鑑定家からサービスが受けられます。ただ、このようなスタイルは、鑑定にコストがかかる場合があるのが1つの問題です。遠隔地から利用する場合、特に問題になりやすのが電話料金です。現在のサービスのように、メールやFAXでも鑑定が受けられれば、居住地域に関係なく、ほぼ鑑定料のみの負担で当たる霊感占いを試せます。複数の方法で鑑定を行う占い師が多くなっていますので、居住地によるデメリットが発生しにくい状況です。最適な鑑定のスタイルは、相談内容や相談者の性格次第で変わります。対面や電話で中々本音が語れない方は、一呼吸置いてメッセージを伝えられるメールやFAXの方が適している場合があります。こういったスタイルに対応する占い師が増えたことで、当たる霊感占いは、多くの方が利用出来る占いサービスとなっています。料金の支払いに関しても、今ではポイント決済やカード払いなどが可能です。料金体系も比較的シンプルで、初めて利用する方には特典が用意されるなど、サービス面も充実します。個人では見つけにくい当たる霊感占いの占い師を、まとめてチェック出来るサービスがあることは、利用者にとって大きな価値となります。